調味料「塩」

味の決め手のお塩

メインで使っているのは

天日海塩『カンホアの塩』


ベトナムのカンホアは、

仏領インドシナ時代からの天日塩の名産地

ここに専用の天日塩田を作り、

海水だけを原料に独自の天日製法で天日海塩「カンホアの塩」を作っています


ナトリウムだけでなく、マグネシウム・カルシウム・カリウムといった成分が含まれており、『海のような、深く豊かな味わい』が特徴


こだわりの原料と製法

1.原料は海水100%

きれいなベトナム・カンホアの海水だけが原料

海水を濃縮して得られる様々な成分だけで調えられた味の塩


2.天日だけで作る塩

海水から完成までおよそ2~3ヶ月

人工的な加熱をせず、天日だけでゆっくりと塩を結晶させます

ソーラーパネルさえ使わず、太陽光エネルギーと自然風だけで作った天日塩

収穫後も天日に干して乾かしています


3.独自の天日製法

カンホアの塩独特の深く豊かな味わいは、天日製法といっても独自の方法

海水全体の様々な成分の様々な味を、

(複合的に)織りなすことで、まるで海のような、深く豊かな味を作り出しています






imo処を目指して現在imo活

川越いもを使った、芋菓子・素材菓子を作っています 製造場所を探しながら 今後もimo活続けながらikoとして活動中

0コメント

  • 1000 / 1000